三重・伊賀市・木興町地区20160901-1
夕景が魅せてくれたショーも、もうまもなく終わりを告げようと。
ほんのりと輝く夕陽の明かり・・・そんな明かりが稲穂をつつみこむ。

そんな感動を覚える風景に・・・なっなんとあんまり見ることのない光景を見ることができたんですよね。
それは、飛行機の航跡に生成される細長い線状の雲「飛行機雲」が、「伊賀市」の上空に描かれているじゃあ~りませんか。

「飛行機雲」と「稲穂」とのコラボ、こんなことはあまり見ることができない光景と思い、思わずパシャリ。
ほ~んとラッキーでしたよ~。

夕景の風景は、今日の別れを告げる鐘のようで寂しげもありますが、夜景の世界へと導く橋渡し。
そんな三重の風景に魅せられちゃいましたよ。

シャボン玉のように一瞬の時だけ輝き続けるから価値があるのかもしれませんね。
また魅了する夕焼けの風景と出会えることができるといいなぁ~。


(三重県伊賀市、木興町地区、2016年9月1日撮影)