京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-1
京都市内から離れたところですが、さくら巡りをするのならここも外せないところとなりましたね。
京阪電車八幡市駅から徒歩でおよそ10分のところに、桜のトンネルが楽しめるさくらの名所“淀川河川公園背割堤(せわりてい)地区”。

いつもなら青い空とのさくらたちを撮ることが多かった風景ですが・・・。
夜明け前からさくら巡りと称して夜明け前から“彦根城”や“海津大崎”などいろいろまわっておりました。

行くところ行くところ、様々な表情を見せてくれる桜たちは、きらびやかに輝く宝石のようでしたよ。
そんなこともあり淀川河川公園背割堤地区に着いた時は、夕陽きらめく夕刻のこと。

キラキラときらめく夕陽を浴びたさくらたち・・・御幸橋から眺める風景は、まるで遥かかなたまで続くような光景に、まさしくビューティフォーでしたよ。

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-2

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-3
さくらの並木道が1km以上にわたって続くさくらの花道。
そんな艶やかに華やぐさくらいろきらめくトンネルは圧巻ですね。

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-4

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-5
夕景の風景が広がる風景にも・・・まだまだキラリときらめく青い空。

ちょこっと土手に降りてアングルを空の方へ傾けると、なっなんとすっばらしい光景なんでしょうと。
「青い空と桜たち」そこから眺める“さくら”に“青い空”が夕景と相まって魅せる世界は、ほんと~ミラクルな彩りなんでしょう。

まさに花見満足度は200パーセント。
気分上々↑↑なお花見さんぽとなりますよ~。

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-6
そしてふぅ~っとひとふき風が吹き込むと・・・桜の花びらたちが“さくら吹雪”となり舞ってゆく。
そんな舞ってゆく姿は、まるでキラキラときらめく桜の宝石のようでしたね。

ほんと~魅せられちゃいましたよ。

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-7

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-8

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-9

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-10

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-11

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-12

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-13

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-14
パチパチと桜たちを撮っていると、時よりふと空を見上げてみると、なっなんとあんまり見ることのない光景を見ることができたんですよね。

それは、飛行機の航跡に生成される細長い線状の雲「飛行機雲」が、「淀川河川公園背割堤地区」の上空に描かれているじゃあ~りませんか。
「飛行機雲」と「さくら」とのコラボ、こんなことはあまり見ることができない光景と思い、思わずパシャリ。
それも2本の“飛行機雲”だったんですよね~、ほ~んとラッキーでしたよ~。

このような大きな空のキャンバスに、自由に落書きしてくれる光景はまた見たいもんですね。

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-15

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-16

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-17

京都・八幡市・淀川河川公園背割堤地区20160405-18
春の息吹とともに味わうきらびやかな春の風景・・・そんなステキなキャンバスに咲く“華”は、いつ見てもきらびやかで魅せられます。

さくらなどの風景を見ていると四季を感じるっていいもんですね。
また艶やかに彩る光景を眺めることができるかなぁ~・・・魅了する春色の風景とともに。


◆京阪電鉄:http://www.keihan.co.jp/

咲き誇るピンク色の花-京都府八幡市:淀川河川公園背割堤地区
【桜】青空をピンク色につつみこむ桜のトンネル-京都府八幡市:淀川河川公園背割堤地区
ねこちゃんのじゃれごと-京都府八幡市:淀川河川公園背割堤地区
【桜】青い空がキラリ、さくらの世界へといざなうミラクルな彩り-京都府八幡市:淀川河川公園背割堤地区
【魚眼風景】-京都府八幡市:淀川河川公園背割堤地区

(京都府八幡市、淀川河川公園背割堤地区、2016年4月5日撮影)