きままなさんぽみち

大阪・京都を中心に写真で旅するぶらりさんぽ。「ホッとする場所」や「癒される風景」などステキなスポットなどの風景写真を通して思わず行きたくなる!見たくなる!「キッカケ」になればと発信しております。

京都・相楽郡精華町・大字下狛地区20160909-1
夕陽に誘われて・・・ファインダー越しから眺める風景を切り取るたび輝きを増してくれているような。
夕焼けが魅せる優しい彩り“京”も可憐だなぁ~っと思うばかりです。

ほんのりと彩る夕景の風景は、今日の別れを告げる鐘のようで寂しげもありますが、夜景の世界へと導く橋渡し。
そんな京都の風景にまた魅せられちゃいましたね。

京都・相楽郡精華町・大字下狛地区20160909-2


(京都府相楽郡精華町、大字下狛地区、2016年9月9日撮影)





京都・相楽郡和束町・大字白栖地区20160909-2-1
時が過ぎゆくたび、優しい彩りへと変化してゆく。
見上げる空の色も、どこかやんわりとした優しい色合いへと。

そんな空を眺めていると、もう“夕景”なんだなぁ~っと。

夏から秋へと・・・季節が進むたび実感してゆく“時”の短さ。
でもその分だけ早く夕景が魅せる光景に出会えることができるんですよね。

きらめきの日差しがつつみこむ癒やしの明かりが、この日もシャボン玉のように一瞬の時だけ輝き続ける。


◆和束町:http://www.town.wazuka.kyoto.jp/

青空のある風景
和束町関連はこちら

(京都府相楽郡和束町、大字白栖地区、2016年9月9日撮影)





京都・相楽郡和束町・大字白栖地区20160909-1-1
夕刻へと導かれるたび、空の色そして辺りの風景も、どこか優しい色合いへと彩られているような。
切り取る1つ1つの風景が、まさしく癒やしの風景なんですよね。

やはりそれは、やんわりとした夕刻が魅せる彩りなんでしょう。
また癒やしの風景という“カケラ”見つけたかも。

京都・相楽郡和束町・大字白栖地区20160909-1-2

京都・相楽郡和束町・大字白栖地区20160909-1-3


◆和束町:http://www.town.wazuka.kyoto.jp/

青空のある風景
和束町関連はこちら

(京都府相楽郡和束町、大字白栖地区、2016年9月9日撮影)





奈良・奈良市・都祁白石町地区20160909-1
目の前にパァ~っと広がる黄金色のじゅうたん。
お日さんの日差しにより、さらにキラキラときらめいているよう。

ファインダー越しから眺める風景は、まるでキンキラキンに輝く草原のようでしたね。


青空のある風景

(奈良県奈良市、都祁白石町地区、2016年9月9日撮影)





奈良・高市郡明日香村・大字上地区20160909-1
石舞台古墳からほど近くにある棚田も秋色へと色づく。
稲穂彩る秋の恵み、魅せられた秋色の風景に出会えるのも“農家”の方が丹念に育ててくれた結晶ですね。

ほんと~感謝です。

ちょこっと高いところから眺める秋色の風景は、いつも眺める風景と違い魅せられちゃいます。
これから少しずつ深まりゆく秋色の風景が楽しみですね。


青空のある風景
高市郡明日香村地区関連はこちら

(奈良県高市郡明日香村、大字上地区、2016年9月9日撮影)





京都・左京区・真正極楽寺【真如堂】20160916-1
京都市内のお寺さんを撮るのってどれくらいぶりだろうか?
っと思うくらい撮ってなかったように思えますね。

もうまもなく迎えようとする夕刻に、境内をカメラ片手に散策していると・・・。
まだまだ青いだろうなぁ~っと思われていた“もみじ”たちも、ほんのりと秋色にお化粧しているではないですか。

京都市内の本格的な「紅葉」シーズンは、まだ2ヶ月ほど先なので、ちょこっと得した気分に浸ってましたよ。
でもあまり早い色づきな感じがするので心配な部分もありますけど・・・。

まぁ~これから少しずつ深まりゆく秋色の風景とともに、今年は鮮やかな“もみじ”たちが彩る京風景を眺められることを切に願うばかりです。

京都・左京区・真正極楽寺【真如堂】20160916-2

京都・左京区・真正極楽寺【真如堂】20160916-3


◆真如堂:http://shin-nyo-do.jp/

青空のある風景
真正極楽寺【真如堂】関連はこちら

(京都府京都市左京区、真如堂、2016年9月16日撮影)





滋賀・高島市・桂浜園地20160916-1
お彼岸が近づいてくると、田んぼなどのあぜ道などで見かけることのある、あの“お花”たちを見かけるようになりました。
そのお花たちというのは、“彼岸花”ですよね。

今年はなぜか台風などによる天候のせいで、撮るタイミングが難しいです。
そんなちょこっと晴れ間の見える日を選んでパチリと撮りに行ったわけですよ。

パッと撮って帰れるところといえば、すぐに頭に浮かんだところが、滋賀県高島市にある「桂浜園地」なんですよね。

行ってみるとまだまだつぼみが多くてちょこっと撮るタイミングは、早かったかもしれませんが・・・。
赤いドレスをまとった彼岸花は、時に日差しというスポットライトを浴びると妖艶できらびやかに輝いていましたよ。

その時期に咲く花って、やはり魅せられますね。

滋賀・高島市・桂浜園地20160916-2

滋賀・高島市・桂浜園地20160916-3



◆彼岸花の群生地(桂浜) - 高島市観光情報:http://www.takashima-kanko.jp/spot/imazu/541.html

花のある風景

(滋賀県高島市、桂浜園地、2016年9月16日撮影)





三重・伊賀市・木興町地区20160901-1
夕景が魅せてくれたショーも、もうまもなく終わりを告げようと。
ほんのりと輝く夕陽の明かり・・・そんな明かりが稲穂をつつみこむ。

そんな感動を覚える風景に・・・なっなんとあんまり見ることのない光景を見ることができたんですよね。
それは、飛行機の航跡に生成される細長い線状の雲「飛行機雲」が、「伊賀市」の上空に描かれているじゃあ~りませんか。

「飛行機雲」と「稲穂」とのコラボ、こんなことはあまり見ることができない光景と思い、思わずパシャリ。
ほ~んとラッキーでしたよ~。

夕景の風景は、今日の別れを告げる鐘のようで寂しげもありますが、夜景の世界へと導く橋渡し。
そんな三重の風景に魅せられちゃいましたよ。

シャボン玉のように一瞬の時だけ輝き続けるから価値があるのかもしれませんね。
また魅了する夕焼けの風景と出会えることができるといいなぁ~。


(三重県伊賀市、木興町地区、2016年9月1日撮影)





三重・伊賀市・下友生地区20160901-1
あんなに青々とした稲も、年に1度だけ黄金色へと稲穂の輝きを魅せる。
そんな稲穂に夕陽の彩りと相まって、さらにキラキラと輝き魅せられる風景へと。

ほんと~撮りに来てよかったと、風景を切り取るたび思えちゃう光景でしたよ。

そんな感動を覚える風景に・・・なっなんとあんまり見ることのない光景を見ることができたんですよね。
それは、飛行機の航跡に生成される細長い線状の雲「飛行機雲」が、「伊賀市」の上空に描かれているじゃあ~りませんか。

「飛行機雲」と「稲穂」とのコラボ、こんなことはあまり見ることができない光景と思い、思わずパシャリ。
ほ~んとラッキーでしたよ~。

秋の薫りとともに味わうきらびやかな風景・・・そんなステキなキャンバスに咲く“華”は、いつ見てもきらびやかで魅せられます。


(三重県伊賀市、下友生地区、2016年9月1日撮影)





三重・伊賀市・市部地区20160901-1
キラキラと輝いていた日差しも、いつしか優しい夕刻が魅せるきらめきへと。
そんな黄金色した稲穂もどこか優しい彩りで、昼間に魅せる輝きとは別の顔を見せてくれているようです。

これから魅せる秋の景色とともに、秋色の世界を楽しみたいですね。


◆伊賀鉄道:http://www.igatetsu.co.jp/

青空のある風景
鉄道のある風景

(三重県伊賀市、市部地区、2016年9月1日撮影)





三重・伊賀市・比土地区20160901-1
秋色の風に誘われてふらりと。
いつの間にか、金色の稲穂のじゅうたんが広がる秋の彩りに。

一足早く秋をちょこっと先取りかな。

これから少しずつ深まりゆく秋色の風景が楽しみですね。


◆伊賀鉄道:http://www.igatetsu.co.jp/

青空のある風景
鉄道のある風景

彩る黄金色のじゅうたん眺めながらあの町へと-三重県伊賀市:比土地区
田園風景が広がる初夏の薫り-三重県伊賀市:比土地区

(三重県伊賀市、比土地区、2016年9月1日撮影)





三重・伊賀市・甲野地区20160901-1
お日さんに照らされた稲穂は、さらに金色に輝く草原のようにキラキラと。
まぶしいくらいの秋色の風景に、どこかで感じた懐かしの風景の“カケラ”かなと。

また魅せられた秋色の風景に出会えるのも“農家”の方が丹念に育ててくれた結晶ですね。
そして訪れた秋の恵みに感謝です。


青空のある風景

(三重県伊賀市、甲野地区、2016年9月1日撮影)





三重・四日市市・水沢町地区20160901-1
国道306号線を北に向けて走っていると・・・。
平地で青々と彩る“茶畑”の風景が広がる。

茶畑といえば山の斜面の利用した風景を思い浮かべるんですが、こちらは平地で見かけることが多いような気がします。
それはそれで新鮮な感じがしますね。

きらめく秋色の空に浮かぶ“フワフワくもさん”。
ファインダー越しから眺める風景を眺めていると、あの夏に見るようなモクモクくもさんを思い出しちゃいます。

なんだかあのとき撮っていた夏の風景が名残惜しいですね。


青空のある風景

(三重県四日市市、水沢町地区、2016年9月1日撮影)





京都・亀岡市・宮前町宮川地区20160831-1
風景を撮っていると、時が経つのも早いもので17時を回っていましたよ。
空の色やお日さんもどこか“夕景”の色合い。

夕陽に照らされた稲穂のきらめき、辺りをさらに輝きの秋色へと導く。
ファインダー越しから眺める風景は、まるで黄金色の光景を見ているようでしたね。


青空のある風景

(京都府亀岡市、宮前町宮川地区、2016年8月31日撮影)





京都・与謝郡与謝野町・字与謝地区20160831-1
赤石林道”から眺める秋色の風景は、毎度のことながら格別なものがありますね。
そんな風景をあとにして、山のふもとへと・・・。

秋色きらめく空の色、そして稲穂実る黄金色。
眼下に広がる加悦谷平野の秋色の風景もさることながら、ふもとの風景も魅了するものでしたね。

心で感じる懐かしの風景・・・また訪れた秋の恵みに感謝です。


青空のある風景

(京都府与謝郡与謝野町、字与謝地区、2016年8月31日撮影)





京都・与謝郡与謝野町・赤石林道20160831-1

夏に魅せた青々と育ったじゅうたんの風景はどこへやら・・・すっかり稲穂の彩りで町は秋色へと。
ちょこっと高いところから眺める風景は、毎度のことながら格別なものがありますね。

どこかで忘れかけていた“ジ~ン”とくる感動を、眼下に広がる加悦谷平野の風景を眺めることで取り戻せたかもしれません。
また感動を覚えるような風景と出会いたいもんですね。


◆赤石林道【与謝野自然風景10選】 - 与謝野モダンの旅【与謝野町観光協会】:http://yosano-kankou.net/10sen/akasi.html

青空のある風景

上から眺めるとまるで町が黄金色でキラキラ-京都府与謝郡与謝野町:赤石林道
朝から高いところから眺める風景はいいもんですね-京都府与謝郡与謝野町:赤石林道

(京都府与謝郡与謝野町、赤石林道、2016年8月31日撮影)





三重・伊勢市・二見興玉神社:夫婦岩20160831-1
いつ見たっていいもんですね夜明けが魅せる風景って。

だんだんと空の色も、藍色がかった色から朝陽がだんだんと昇っていくたびにきらめくオレンジ色へと。
日の入りもそうなんですが・・・空色が変わってゆくグラデーションマジックには、いつも時とともに魅せられる瞬間でもあります。

三重・伊勢市・二見興玉神社:夫婦岩20160831-2
“日の出”の瞬間をと思っていましたが・・・ちょこっと雲行きが心配でなりませんでした。
日の出が出る方向には、くもさんに覆われた雰囲気なんですよね。

でもそれは違っていました。

あんだけくもさんに覆われたような風景でしたが・・・日の出の時間に合わせたように、朝陽の顔が出せるようにそこだけポッカリとあいてきたじゃあ~りませんか。
そうしている合間・・・朝陽が徐々に昇ってきたんですよね。

三重・伊勢市・二見興玉神社:夫婦岩20160831-3
“朝景”を撮るのにやはりこの瞬間は、いつ見ても感動するものがあります。
徐々に朝陽が顔を出していく“日の出”の瞬間でしょう。

今日も1日無事に過ごせるようにと、つい手を合わせてみたくなります。
いつ見てもいいもんですよね~。日の出の瞬間は・・・。清々しい気分にさせてくれるので。

三重・伊勢市・二見興玉神社:夫婦岩20160831-4

三重・伊勢市・二見興玉神社:夫婦岩20160831-5

三重・伊勢市・二見興玉神社:夫婦岩20160831-6

三重・伊勢市・二見興玉神社:夫婦岩20160831-7
朝陽が顔を出してくれたのは、ほんの数分のこと・・・。
くもさんに隠れてしまった朝陽でしたので、もう日の出が魅せるショーは終わりかなっと思い、休憩を挟んで身支度をしていたら、まだまだこれからだったんですよね。

撮っていたところに再び戻ってみると、くもさんに隠れていた朝陽は、先ほどとは違って神々しい黄金色した輝きで辺りをほんわかと染め上げる。
そんな神々しい輝きから浮かぶ“夫婦岩”のシルエットは、さらに格別でしたよ。

いつまでも見ていたい魅せられる夜明けの風景。
そんなきらめく風景も、一瞬の時だけ輝き続けるから価値があるのかもしれませんね。
また魅了する夜明けの風景と出会えることができるといいなぁ~。


お伊勢さんのゴールデンスポット-三重県伊勢市:二見興玉神社内:夫婦岩
心和む夜明けの空にうっとり-三重県伊勢市:二見興玉神社:夫婦岩
遅れて出てきたお日さん-三重県伊勢市:二見興玉神社:夫婦岩
夫婦岩を駆け抜けるゴールデンロード-三重県伊勢市:二見興玉神社:夫婦岩

(三重県伊勢市、二見興玉神社:夫婦岩、2016年8月31日撮影)





滋賀・高島市・鵜川地区20160825-1
きらめきの青い空のもと輝く琵琶湖。
そのきらめきに負けないくらいの黄金色した稲穂。

そんな近江路にも秋色の風がなびいちゃいましたね。

いつまでも見ていたい魅せられる黄金色した稲穂の風景。
そんなきらめく風景も、一瞬の時だけ輝き続けるから価値があるのかもしれませんね。


◆JRおでかけネット:http://www.jr-odekake.net/

青空のある風景
鉄道のある風景
鵜川地区関連はこちら

(滋賀県高島市、鵜川地区、2016年8月25日撮影)





滋賀・高島市・マキノ町中庄地区20160825-1
撮っている時は、もうおやつの時間帯。
風景を撮っていると、あっという間ですね。

時が経つのが早いもんです。

青い空のきらめき、そして金色に輝く稲穂。
一帯に広がる秋色の輝きは、まぶしかったですね。

ファインダー越しから眺める風景は、まるでキンキラキンの草原のようでしたよ。


◆JRおでかけネット:http://www.jr-odekake.net/

青空のある風景
鉄道のある風景

(滋賀県高島市、マキノ町中庄地区、2016年8月25日撮影)





滋賀・高島市・マキノピックランド【メタセコイア並木】20160825-1
メタセコイア並木を撮りに来たのは、自然味溢れる初夏の彩りに染まる頃あの時以来ですね。
すっかり田んぼも黄金色彩るじゅうたんへと。

ほんと~時が経つのは早いもんです。

滋賀・高島市・マキノピックランド【メタセコイア並木】20160825-2
いつもメタセコイア並木を撮る時は、南側から北側へといったように撮るんですが・・・。
この日は、アングルを北側から南側へと向けて撮ってみましたよ。

いつも見る風景とは違い新鮮味ありましたね。

それに1面に広がる金色に輝く稲穂のきらめきに青い空。
そんな秋色の彩りに魅せられ感動を覚えましたよ。

これから始まる“秋色のピース”探しが楽しみです。


◆マキノ農業公園マキノピックランド:http://マキノピックランド.com/

青空のある風景
メタセコイア並木関連はこちら

(滋賀県高島市、マキノピックランド【メタセコイア並木】、2016年8月25日撮影)





滋賀・東近江市・蛇溝町地区20160825-1
フワフワくもさん漂うきらめきの青い空。
そして秋色まぶしい黄金色したじゅうたん。

そんなひとときに魅せる秋色の風景の中を、1本の列車が駆け抜ける。
まるで黄金の草原を走っているような。

何でも無いような風景も、秋色のピースがあることでステキな風景のキャンバスとなるんですね。
これから増えてくる“秋色のピース”が楽しみだなぁ~。


◆近江鉄道グループ:http://www.ohmitetudo.co.jp/

青空のある風景
鉄道のある風景

青い空きらめきまぶしく、もうそこまでやってきた夏色-滋賀県東近江市:蛇溝町地区

(滋賀県東近江市、蛇溝町地区、2016年8月25日撮影)





滋賀・東近江市・大塚町地区20160825-1
あの夏色きらめく青い空のもとで撮っていたころが、どこか懐かしかった頃のよう。

ここでも見つけた秋色した風景の“ピース”。
青々したじゅうたんだった稲も、時が経つのも早いもので・・・いつの間にか黄金色した稲穂へと。

これから1つまた1つと増えてくる秋色のピース。
そんな秋色のピースは、意外にも近くで落ちているかもしれないですね。


◆近江鉄道グループ:http://www.ohmitetudo.co.jp/

青空のある風景
鉄道のある風景

(滋賀県東近江市、大塚町地区、2016年8月25日撮影)